ミネラル入門講座(第11回)

 

ジョナサン・ライト博士の栄養療法

第1回

1945年生まれ。ハーバード大学で文化人類学を専攻。69年ミシガン大学で医学博士号を取得後、73年ワシントン州シアトル郊外に

「タホマクリニック」を開設、最新の医学的、生化学的知見に基づいた予防医学を実践。

栄養学を基にしたビタミン等のサプリメント(栄養補助食品)療法の第一人者として、米国はじめ世界から高い支持を集めている。

サプリメント療法(栄養補助食品)と云うか、栄養療法の第一人者。現代栄養学と言えば、まず名前が挙がってくるのが

ジョナサン・ライト博士ですね。サプリメントの利用でも有名なのですが、やっぱり基本は食事においています。

ここではジョナサン・ライト博士の栄養療法について 少し紹介しておきたいと思います。

 

                   栄養療法は 毎日の食事から始まる

病気に悩む 様々な患者に対して、いつでも効果があがるものなど無い・・・・・・・・・・。

これは あらゆる治療法に共通して言えること。

しかし、栄養療法の場合、ある種のビタミンやミネラルなどの微量栄養素が、多くの患者の悩みを根本から、しかも、

比較的短い期間で解決している例が少なくありません。

栄養療法は 患者の症状と食生活から摂取している栄養素の関係を調べることから始まります。

そして不足している成分をサプリメントで補うことで体全体の栄養バランスを整え、

病気を治療し、再発を防ごうとする療法です。

 


ミネラル入門講座の最初に戻る